日々貪欲に学び、日々成長中のリーダー

森戸 健太

KENTA MORITO

社員インタビュー

INTERVIEW

学生時代はどのように過ごされていましたか?

私は学生生活の12年間をほぼ野球に捧げてきました。
中でも高校時代の練習は特に厳しく、思うように結果が出ず辛い時期も多かったので、挫折しそうな時は何度もありました。
ただその度に、絶対に周りの人に負けたくないという思いを持ち、エースの座を目標に心を奮い立たせ、毎日欠かさずやっていた20kmのランニングも引退する日までずっと続けていました。
その結果、最終的にはエースの座を掴み取り、球速も時速140kmを超えるまでになりました。そこまでやり切れたのは、周りのチームメイトやライバル、家族や監督の支えがあったからでした。
その思いは今でも変わらず、UPSTARTの人たちはただの社員ではなく本当の仲間だと思って日々一緒に仕事をしています。

UPSTARTはどんな会社でしょうか?

UPSTARTは、自分たちで創っていくことのできる会社です。
すでにある大きな土台がありながら、社員一人一人の意見や気持ちに耳を傾けてくれる環境なので、ただ会社で働いているだけではなく、自分たちが参加して”会社を創っている”という実感が持てる会社です。
自分次第でいくらでも収入も成長も得られる会社だと思います。展開スピードが早いため皆にチャンスがあり、その中でも経験のある運営陣が充実したサポートをしてくれ、悩みがあればどんな時でも時間を使ってくれる人達が揃っている。
こんな会社は滅多にないと思います。もっと早く出会いたかったです。

UPSTARTで目指している目標や将来の自分像を教えてください。

今私はリーダーとして事業部の運営をしているため、新しい経験をどんどんさせてもらっています。
まだまだ学ぶことが多く、常に成長意欲をかき立てられています。その中で、自分だけ結果を出すようなワンマンプレイヤーではなく、組織全体として成長させていくことのできるマネジメント能力をつけた上で、自分の考えを社内の運営陣やクライアント先にも認めてもらうためのプレゼン能力を身につけたいと思っています。
そして、現在掲げている事業展開を達成した際に役員として選出してもらうことを目指し、より信頼される人になれるようこれからも頑張っていきます!